血圧の変動に注意

指をさす医師

シアリスの服用方法は、1日1回セックスの約1時間前に服用するだけというとても簡単なものです。
1回の用量は10mgがおすすめ。
セックスの場面になってもペニスがぴくりとも反応しない完全な勃起不全には1回20mgを使用することもありますが、
通常は10mgでも十分に高い効果を得ることができます。
シアリスは少なからず肝臓に負担をかけてしまうので、肝臓に何か病気を抱えている場合は5mgから始めることをおすすめします。
もともとシアリスは日本人用に作られた薬ではないので、世界基準で見ると小柄な日本人男性には強く効きすぎてしまうこともあります。
健康な人であっても不安に感じるのであれば5mgから使用してみても良いかもしれませんね。
また、必ず1日1回という用法を守り、連日使用する場合は24時間の間隔を空けて下さい。
肝臓に何か病気を抱えている場合は、念のため48時間の間隔を空けることをおすすめします。
健康な人であれば24時間の間隔さえ空いていれば、まだシアリスの効果が残っていても服用して構いません。

シアリスを服用する際の注意点としては「ニトログリセリン」などの硝酸薬とは絶対に併用しないこと。
併用してしまうと血圧が急激に下がり、非常に危険な状態になってしまいます。
硝酸薬は飲み薬として処方されることがほとんどですが、スプレーや貼り薬など、色々なタイプがあるので注意して下さいね。
覚えておきたいのは、シアリスは血管を拡張する効果があるということです。
血圧の変動に関わる薬との併用は注意が必要ですし、高血圧症などを患っている人が服用するのは避けた方が良いでしょう。